チベットスナギツネ 辛い時に見るがいい。癒しのチベスナ顔とは!?

癒しのチベスナ顔を持つキツネ 俗に「チベスナ顔」と呼ばれる顔がある。 なんとも言えないシュールな顔であるがあえて言うならば「オッサン顔」であろうか。これの語源となった生物がチベットスナギツネである。 オッサンみたいなキツネがいるなんてそんなバカな・・・いるのである。 その衝撃のオッサンキツネが有名になったきっかけはカルピスのCMである。まさか青春の代名詞とも言えるカル…

続きを読む

キーウィ ニュージランドの飛べないキウイフルーツ

ニュージーランドの国鳥 ニュージーランドの国鳥キーウィ。日本では天王寺動物園でのみ飼育されている非常にレアな鳥である。実際に見に行ってみるとニワトリのマサヒロ君の方が人気があり、キーウィにはあまり人だかりは見られない。 なんともったいないことであろうか。さてはキーウィの魅力に気付いていない輩ばかりいるのだな。言っておくがキーウィはすごいぞ。 ニワトリサイズで飛べない …

続きを読む

モルモット その名前間違ってます!?本当の名前は・・・

名もなき実験動物? 実験動物の代名詞・モルモット。 ペットとしても人気があり特に海外ではかなりメジャーな存在。日本ではハムスターのでっかい版かふれあい動物園にうさぎとセットでいるヤツくらいの扱いである。 しかし一つ衝撃的な事実があることを知っているだろうか。 実はモルモットという名称は日本でしか通用しない。というかモルモットなんて生物はいないのだ(!?) 一体どうい…

続きを読む

ツメナシカワウソ 超レアな双子が誕生した巨大カワウソ

巨大な爪無しカワウソ 先日、三重県にある伊勢シーパラダイスに行った時のことである。 ツメナシカワウソという見たこともない巨大なカワウソと握手するという貴重な体験をした。 水族館によくいるコツメカワウソの1.5倍くらい大きく体重は3倍近くある。大きい分飼いにくいのか日本ではかなりレア生物で日本国内では9頭しか飼育されていない(2017年9月時点) レアなのは分かるがそんなデ…

続きを読む

デメギニス 頭がスケスケ!?中身が見えている深海魚

深海の宇宙人 デメギニスという魚がいる。 1939年にはすでに知られていたが、2004年に初めて生きている姿が撮影された。その時に衝撃の事実が判明した。 なんと頭が透明で中身がスケスケなのである(!?) 宇宙人みたいな名前だと思っていたら、本当に宇宙人めいているとは。もしくはステレオタイプな悪の天才科学者みたいであるが一体どうような魚なのか。調査してみようではないか。 …

続きを読む

ヤンバルテナガコガネ 一匹数十万円!?幻の日本最大の甲虫類

カブトムシよりでかい巨大甲虫 日本で甲虫類といえばカブトムシであろう。 甲虫と書いてカブトムシと呼ぶくらいだからまさに代名詞である。やはり立派な角と大きさが人気の秘訣。まさに日本一・・・と言いたいところであるが実はカブトムシよりも大きな甲虫類が日本にいるのだ。 ソイツが発見されたのは1983年の沖縄でのことである。名前をヤンバルテナガコガネという。カブトムシが日本一の座から…

続きを読む

ニホンカワウソ 対馬では生き残っている!?昭和の絶滅種

ビデオに映った絶滅種 かつて日本全国に生息していたニホンカワウソ 1979年(昭和54年)の目撃例を最後に姿を消し、2012年に絶滅種に指定された。ところが最近になってその姿がビデオに撮影され大変話題となった。 それは本当にニホンカワウソだったのか。調査してみようではないか。 体長70㎝ほどで見た目はユーラシアカワウソにそっくり。固有種なのか亜種関係なのか議論が分…

続きを読む

ヨロイモグラゴキブリ 世界最強の自宅警備員

世界最大級のゴキブリ 世界にはとんでもなくデカいゴキブリがいる。 オーストラリアの森林に生息するヨロイモグラゴキブリは最大80㎜もある。驚くべきはその重さでなんと35gもある世界最重のゴキブリ。小さなネズミくらいの重さはあるが、もはやゴキブリと呼べる代物ではない。 意外なことにペットとして人気があり、一匹数万円もすると言う。 日本のゴキブリでは考えられないことだが、一…

続きを読む

【アンガールズ公認?】キモい展に行ってきた大阪編

キモい展に行ってきた大阪編(東京編はない) 2018年8月。 京セラドームでキモい展をやっていたので調査に行ってきた。名の通り、キモい生物を一堂に集めた非常に興味深いイベントである。東京で好評だったので、満を持しての開催というわけだ。 前売り券で一人800円。お手ごろな価格で良心的。前売り得点でクリアファイルもゲット。 平日ということもあってかスムーズに入場できた。客…

続きを読む

サバクキンモグラ ネットで話題の砂漠を歩き回るきなこ餅

砂漠に金色のモグラがいる!? 砂漠に金色のモグラがいるという話がある。 サバクキンモグラという生き物だ。しかも見た目がきなこ餅みたいでかわいいとネットで大絶賛。モグラがかわいいなんて聞いたこともないし、ただの害獣のイメージしかない。 一体どんな生物か調査してみようではないか。 穴掘りが得意 ナミビア南部、南アフリカ共和国南西部の砂漠や海岸の草原に生息。 体…

続きを読む

人気記事