チンチラ 意外と武闘派な齧歯類

人気急上昇中!触り心地NO.1ペット 新進気鋭の人気ペットとしてデグーと人気を二分する(もしくは混同されている)『チンチラ』。先に言っておくがネコの方ではない。 アンデス山脈に生息するネズミとリスの中間的な見た目の生物で、遠目にはネザーランドドワーフに見えなくもない。つまりかわいいのだ。その見た目のかわいさから近年注目が集まり、ペットショップでもよく見かけるようになった。 ちな…

続きを読む

エクレアナマコ エクレアそっくりなナマコ(まずい)

沖縄の海にエクレア 沖縄の海に洋菓子のような生物がいた。エクレアそっくりな『エクレアナマコ』である。 なんとまだ世界で沖縄とオーストラリアとでしか発見されていない超レアエクレア・・・ではなくナマコなのだが一体どんな味いや、どんな生物なのか。 エクレアか東京ばな奈 オーストラリア周辺海域に生息。体長40~50㎝で体の色が褐色で黒色の斑点が所々ある。見た目がまるでチョコがかか…

続きを読む

ペルビアンジャイアントオオムカデ プラスチックを砕く最強ムカデ

世界最大のムカデ 世界で一番大きいムカデ『ペルビアンジャイアントオオムカデ』 世界最大はムカデ人間じゃないか!と言いたくなるがさておき。 「ペルーオオムカデ」や「ダイオウムカデ」等とも呼ばれ、つまりとんでもなく大きいムカデだと言いたい。 世界最大だけあってバケモノみたいなムカデだが調べてみるとさらにバケモノ染みたことが明らかになったぞ。 バケモノみたいなムカデ …

続きを読む

バナナナメクジ バナナそっくりなアメリカの人気者

バナナそっくりなナメクジ 『バナナナメクジ』という美味しそうなナメクジがいる。 予想通り黄色くてバナナのようなナメクジだがそれだけではない。とてつもなくヤバいナメクジである。 一体どんなナメクジなのか。調査してみようではないか。 大学のマスコットにもなった アメリカに生息。体長は最大25㎝にもなる世界で二番目に大きいナメクジ。バナナより大きいかもしれない。 世…

続きを読む

ケガエル 毛の生えたカエルは子煩悩

毛ガニならぬケガエル アフリカに『ケガエル』なる奇妙なカエルがいる。 毛ガニを思い起こえば分かると思うがなんとこのカエル。 両生類なのに毛が生えているのだ! なんとも珍妙不可思議なケガエルとは一体どんなカエルなのか。そしてなぜ毛が生えているのだろうか。 オスに毛が生える(意味深) アフリカ中西部(カメルーン、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、ナイジェリア)に生…

続きを読む

ミシマオコゼ スターゲイザーと呼ばれた魚

世界一ブサイクなロマンチスト 星を眺める者・・・それはスターゲイザーと呼ばれる。なんとロマンチックであろうか。 そんなロマンチックな名前を持つ魚が『ミシマオコゼ』である。 海外では「Japanese stargazer」と呼ばれているのだが衝撃の事実が一つ。 ミシマオコゼは大変ブサイクなのだ! 世界一ブサイクなロマンチストかもしれないミシマオコゼ。一体どんな魚で…

続きを読む

ワニガメ ガメラのモデルはワニよりも強い

ガメラのモデル ガメラのモデルと噂されるカメがいる。 それが『ワニガメ』である。名前の通りワニのようなイカつい鎧というか装甲のような甲羅を背負ったまさにガメラそのもの。 困ったことにこのガメラ。日本で野生化して繁殖しているのだ。時折、河川などで捕獲されるたびに「ガメラ発見!」などと報道される。なんか緊張感がないのは気のせいか・・・あとカミツキガメとよく間違えられるぞ。 …

続きを読む

カミツキガメ 最大1m!指を食いちぎる巨大カメ

ワニガメのライバル 遥かアメリカの地からやってきたヤバいカメが日本で大繁殖を遂げているらしい。 その名はカミツキガメ。名前からしてもうヤバい。 日本の侵略的外来種ワースト100にもランクインしている超危険生物。ワニガメとよく間違えられるが全然違うカメである。いや、全然違うわけではないけども。いわばライバルみたいなものだ。 ワニガメはガメラのモデルとなっただけあってかな…

続きを読む

オオイカリナマコ 沖縄にもいる世界最大のナマコ

世界最大のナマコ 世界最大のナマコ・オオイカリナマコ。 同じく最大種とされるクレナイオオイカリナマコもいるが、どちらも最大4.5mになる超巨大ナマコである。ウニなヒトデの仲間である棘皮動物(きょくひどうぶつ)においても最大である。 とんでもなく巨大なナマコであるが実は世界最大サイズにはあるカラクリというかチートが存在するのだ。今からそれを暴いて見せようではないか。 ウ…

続きを読む

チベットスナギツネ 辛い時に見るがいい。癒しのチベスナ顔とは!?

癒しのチベスナ顔を持つキツネ 俗に「チベスナ顔」と呼ばれる顔がある。 なんとも言えないシュールな顔であるがあえて言うならば「オッサン顔」であろうか。これの語源となった生物がチベットスナギツネである。 オッサンみたいなキツネがいるなんてそんなバカな・・・いるのである。 その衝撃のオッサンキツネが有名になったきっかけはカルピスのCMである。まさか青春の代名詞とも言えるカル…

続きを読む

人気記事