ムベンガ~コンゴの殺人魚~

~コンゴの殺人魚~ アフリカのコンゴ川に恐るべき魚が生息する。 その名は「ムベンガ」という巨大な淡水魚である。 体長1.5m、体重50キロに達し、最大で2m、60キロ以上にもなるという巨大さから通称「ゴライアス・タイガーフィッシュ」と呼ばれている。 ちなみにゴライアスは聖書に登場する巨人で、ちょいちょいこの名が付く巨大生物がいたりする。 殺人魚として知られ、人間はお…

続きを読む

【閲覧注意】世界一ブサイクなトラがいる!?

世界一ブサイクなトラ米国アーカンソー州テルペンチンクリーク野生動物保護区に生息しているトラのケニーが話題となっている。 ケニーの何が話題かというと、「世界で一番ブサイクなトラ」として世界中で話題なのだ。 気になる写真がこちら。 いかがであろうか。 ちなみに通常のホワイトタイガーはこちらである。 個人的には大変愛嬌があってよいと思うのだが。 日本…

続きを読む

キングコブラ~世界最大の毒蛇~

~ゾウをも倒す毒~</span> 世界最大の毒蛇「キングコブラ」 まさにキングの名が相応しいであろう。 キングコブラ [DVD] - 全長3mに達し、非公式ながら最大で5.5mにもなる巨大なヘビである。 主にインドなどに生息し、他のヘビを捕食するほかトカゲや哺乳類なども捕食の対象である。 敵を発見すると鎌首をもたげ威嚇するが、その際、人間の成人男性の…

続きを読む

二ホンヤマネ~冬眠は命がけ!?~

~生きた化石~ 日本の天然記念物に指定されている「ニホンヤマネ」 山のネズミ・・・という意味でその名が付いている。 ヨーロッパなどにもヤマネはいるが、ニホンヤマネは独立性が高く日本固有種である。 ちなみにアンガールズとはなんの関係もないが、あちらも日本の固有種という点では共通している(笑) 見た目はハムスターのようなムササビのようなリスのような・・・とにかく齧歯類である(笑…

続きを読む

フラミンゴ~ピンク色はプランクトン由来!?~

~ピンクなのはエサのせい!?~ 動物園によくいるピンク色が鮮やかな「フラミンゴ」 輸送の際には、パンストを被らされているなどという都市伝説があるが、あの大量のフラミンゴたちもパンストを被らされていたのかと思うと、春先に出没する変質者なんてかわいいもののような気がしてならない(笑) ちなみに大阪では、かつて大阪狭山市に存在した「さやま遊園」に、大量のフラミンゴがいて、平日なんかは…

続きを読む

日本の毒ヘビは意外にヤバい!?

~日本の毒ヘビもヤバい!?~ 全世界に3000種ほど生息するとされているヘビ。 そのうち、約25%ほどの種が毒蛇と言われている。 毒ヘビのなかま (知られざる動物の世界) - その中でも最大種と言われるのがキングコブラで、非公式の記録では5mを超す個体もいたと言われる。 では一番大きなキングコブラが一番危険なのか???と言われるとそういうわけではなく、専門家の間ではブラックマ…

続きを読む

ブラックマンバ~世界一ヤバい毒ヘビ~

~世界一死者を出した!?~ 専門家の間で世界一ヤバい毒ヘビとして評判の(?)ヘビがいる。 その名を「ブラックマンバ」という。 毒ヘビのやさしいサイエンス:咬まれるとアブナイ話 - アフリカ大陸東部から南部にかけてと西部の一部サバンナに生息し、草原や森林、岩場などあまり環境を選ばずさまざまな環境で見られる。 全長は2-3.5mで、最大で4.5mに達するキングコブラに次い…

続きを読む

キンチャクガニ イソギンチャク振り回す海のチアリーダー

☆彡誰を応援しているのか? 生物は色々な手段で自らの身を守っている。 中でも面白いのが『キンチャクガニ』と呼ばれるカニで手にキンチャクのような物を持っている。 これは手から生えてるわけでなく、実際に持っているのである。 ではこれは一体なにか???・・・答えは毒を持っているイソギンチャクである(笑) 甲羅の幅が1㎝ほどの小さなカニで、一体どこから持ってくるのか身を守るため…

続きを読む

コクチョウ~黒いハクチョウがいた~

~黒いハクチョウなんていない!?~ 英語にはかつて、無駄な努力を表す言葉として、「黒い白鳥を探すようなものだ」ということわざがあった。 それはそうである。なんたって白いから白鳥というくらいなんだから黒い白鳥なんているわけがないであろう。 ところがである。 1697年にオーストラリアで黒い白鳥が発見されたのである(!) その名も「コクチョウ」。つまりは「黒い白鳥」ということで…

続きを読む

ダルマワシ~空飛ぶ松ぼっくり~

アフリカのサハラ砂漠以南の森林やサバンナに生息する小型のワシである。 ワシとしては非常にカラフルで、キレイな鳥である。 他のワシより寸胴で赤ら顔なところから達磨の名前がついている。 若鳥の間は赤くないのだが、成長になると顔が赤くなる。 人間も大人になると顔が赤くなる人がいるが、あれは単にアルコールのせいであろう(笑) 群馬県 伝統工芸品 高崎張り子 縁起物 達磨 だるま ダ…

続きを読む

人気記事