ニワトリは飛べる?飛べない?

~ニワトリは飛べる!!~ 身近にいる飛べない鳥と言えば「ニワトリ」であろうか。 よく小学校で飼育されていて、飼育小屋から脱走したりいなくなったりすると校長先生に食べられたなどという根も葉もない噂を流されたりする愛されキャラ(?)である。 機嫌が悪いと人間相手でも飛び蹴りを喰らわせたりする凶暴な一面もあるのだが(笑) ニワトリと言えば、一般的に飛べないと認識されているで…

続きを読む

アブラムシ(アリマキ)~世渡り上手な共生関係~

~家庭菜園の天敵~ 植物の汁を吸う害虫。つまり家庭菜園の天敵「アブラムシ」 地方によってはゴキブリの異名としても使われるが、それはまた別の話。 アブラムシの名は、江戸時代にアブラムシを潰してテカテカにする子供の遊びに由来しているらしいが、真偽は不明である。 子どもとはなんと残酷であろうか。 アブラムシ入門図鑑 - 非常に小さな昆虫で非常にか弱い生物で、ナ…

続きを読む

関西の動物園まとめ

珍しい動物に出会うのに一番手っ取り早いのは何か? 動物園に行くことであろう。 というわけで関西の動物園をまとめてみた。 そのうち追加情報があるかもしれない。 【大阪】 天王寺動物園(大阪市) 我らが天王寺動物園。 日本でここしか見れない生物「キーウィ」がいる。 五月山動物園(池田市) ヒメウォンバットのフクちゃんが大人気。入場料無料。 みさき公…

続きを読む

ベローシファカ~横走りの達人~

~横っ跳びするサル!?~ マダガスカルに生息する珍獣「ベローシファカ」 一見、ただの白いサルなのだが面白い習性がある。 普段は樹上で生活をしているのだが、どうにも樹から降りなければならない場面があるとしよう。 その際、ベローシファカはなんと横っ跳びで走るのである(!) 2003 グランモーション マダガスカルの動物3(ロイヤリティフリーHD動画素材集) - …

続きを読む

ゴライアス(ゴリアテ)の名が付く生物まとめ

伝説の巨人「ゴライアス(ゴリアテ)」が付く生物 旧約聖書に「ゴリアテ(ゴライアス)」なる巨人兵士が登場する。 その名にあやかって(?)巨大な生物にはその名をつける場合があるようだ。和名で言えば「ダイオウ」とか「テイオウ」とかそういう感じであろうか。そんなゴリアテな生き物たちをピックアップしてみた。 ゴリアテ・グルーパー  最大680キロに達すると言われる巨大なハタ …

続きを読む

【実は頭突きをしていない】ただの石頭恐竜~パキケファロサウルス~

石頭恐竜 石頭で有名な「パキケファロサウルス」 石頭恐竜と呼ばれる恐竜の中で最も有名な存在である。 なんとも地味なカテゴリーであるが、決してトレンディエンジェルではない(笑) 最大の特注はドーム型の頭部。まさに頭突きをするためだけにあるような頭である。東京ドーム何個分の広さだろうか。その頭蓋骨の厚みなんと24cm!!元フランスサッカー代表ジダン氏もびっくりだ(笑) …

続きを読む

ハナトゲアシロ~白いオタマジャクシ~

~見栄えのいいオタマジャクシ?~ カナダのロイヤルBC博物館にある魚が展示さ話題になっている。 「ハナトゲアシロ」という世にも奇妙な魚である。 「団子みたいな頭と先細の尾を持つ、見栄えのいいオタマジャクシ」のような魚だと、同博物館の学芸員は言うがあまりにもお世辞が過ぎると言わざるをえない(笑) あまりにもひどい見た目のせいで英名では「骨ばった耳のクソ魚(Bony-…

続きを読む

堺市にてプラスチック分解生物発見

~最近、細菌が発見された~ 我らが大阪府堺市ですごい発見があった。 なんとプラスチックを分解する新種の細菌が最近発見されたのである。 ・・・細菌だけに(笑) プラスチック関連工場の敷地から発見されたらしい。 慶応大学、京都工芸繊維大学の研究者たちによって科学誌「Science」に発表された。 この細菌は「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けられた。 ちゃんと…

続きを読む

ファンシーラット~よく懐くポストハムスター?~

~ファンシーなネズミ~ 女子中高生に大人気の雑貨屋。 いわゆるファンシーショップである。 ディズニーやらサンリオやらなんやらでごった返している店である。 そんなファンシーとは関係あるかないかわからないが「ファンシーラット」なるネズミがいる。 ディスニーの黒いネズミのことではない(笑) 実験用のマウスを愛玩用に改良したものである。 ファンシーとは動物愛好の意が…

続きを読む

イルカのジャンプ力はどれくらい???

~イルカのジャンプ力~ 日本各地の水族館でイルカショーが行われている。 目玉はイルカがジャンプをしてボールをタッチするお決まりの芸である。 そのジャンプ力は6mほどなら軽々とジャンプできるようで、最高で8mにも達するという。 しかしなぜそんなにも高く跳ぶことができるのであろうか。 種類にもよるが、イルカの体重は200キロ近くにもなるのである。 それは水中での女…

続きを読む

人気記事