ハテナ~動物なのか植物なのか???~

ハテナ.jpg

砂浜にいる謎の生物。
その名も「ハテナ」
よくわからない生物だからその名がついた。

なんだか女神の名前みたい。
それはアテナ
郵便物を・・・それは宛名

和歌山県の砂浜で発見された。
偶然見つかったようである。
しかも和歌山。
アドベンチャーである。和歌山だけに(笑)

葉緑体を持ち光合成をする一方、鞭毛を振り回し動き回るこの生物。
ここまでならミドリムシと変わらない。
何がすごいかというと、このハテナ。
細胞分裂の際に、葉緑体を持つ植物タイプとそれを持たない動物タイプとに分かれる。
なんだと。
まるでポケモンじゃないか(笑)

そしてさらに動物タイプのものは口から特定の藻類を取り込み一体化。
再び植物タイプになるのである!!
なんか「千と千尋の神隠し」のカオナシみたいである。

特定の藻類というのがいまだに特定されておらず、それ以外だと消化されてしまう。
何がいけないのだろうか。

植物は最初から植物だったわけでなく、ある時点で葉緑体を取り込むことで進化したそうだ。
・・・まんまハテナそのものである。
ハテナを研究すれば植物の進化について何かわかるかもしれない。

ハテナだけに果てしない謎があるのである(笑)


関連サイト:キュピロニウスのアトリエ
      ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
→オークションはこちら


2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い ネットで人々をとりこにする40の手口 (アスキー新書) -
2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い ネットで人々をとりこにする40の手口 (アスキー新書) - アテナ -
アテナ -

この記事へのコメント

人気記事