バビルサ~自分の死を見つめる生き物・・・ただのドM!?~

頭に牙が刺さっちゃう。だってバビルサだもの。


バビルサのイラスト

自分の牙が頭に刺さってしまうという珍生物がいる。『バビルサ』というイノシシの仲間である。

ネットや本で珍生物を探すと必ずといっていいほどランクインしている生き物である。常連と言うか定番と言うかかなりインパクトが強いので結構有名。

なんたって自分の牙が顔に刺さっているのだからな。


イノシシのようなブタのようなバビルサのような


インドネシアのスラヴェシ島周辺にのみ生息。ブタのような生き物であるがブタではないらしい。

名前の由来は現地の言葉で「ブタシカ」という意味でやはりブタっぽいがもちろんシカでもない。

雑食性でバンキノキという有毒な植物の芽や葉などを食べることがある。もちろん毒なのでそのままではやばいので水を飲んだり泥を食べたりして中和する。

そんなことで中和できるのか分からないが、そもそも自力で中和できないなら食べるなと思うがそんなことはどうでもいい。

そんなことよりもだ。皮膚を破いている牙である。

あれはなんと上顎の犬歯である。ちょっと意味が分からないが下顎ではなく上顎のから上に向かって生えているのである。

そんな生き物おそらくバビルサ以外にはいないであろうが一体何のために生えているのだろうか。先に言ってしまうと意味不明である。

枝にぶら下がって休むためとか目を守るためだとか(むしろ刺さりそう)とか言われているがはっきりはしない。

戦うためじゃないか?と思うかもしれないが、たしかにオス同士戦うことはある。

そして牙があるのはオスのみ。戦いの際にこの牙を使って・・・使わないのである。

使わないのかい!


メスのアピール(刺さり過ぎ)


一番有力視されているのがメスに対するアピールである。

つまり刺さっていれば刺さっているほどモテるのである。理由は分からないけどとにかくメス受けはいいのだ。何度も言うが意味は不明である。

実際、牙の折れてしまったオスはあまりモテない。刺さっているわ折れてるわ持てないわ・・・さんざんではないか。というか折れてしまった方がいいと思うのだがどうであろうか。


自分の死を見つめる


メスにモテるんは大変結構なことだがあまりに伸びると頭に刺さるのではないかという深刻な問題が出てくる。

実際、頭に刺さってしまった個体もいて、それが原因かどうかわからないが死んでしまったようだ。

そのこと「自分の死を見つめる動物」という通り名まであるくらいだ。
少しかっこよく言い過ぎだが、まるで幽体離脱もしているのかそれとも毎日が臨死体験なのか。

そもそも中和できているのどうか分からないのに毒物を食べているくらいだから単なるドMなんじゃないかと思う。

間違っても生まれ変わりたくはない世界三大ドM生物である。残りの2体は知らんけど。


バビルサの擬人化

「刺さってんじゃねぇよ!」

よかったら何か買っていくがよい。
→オークションはこちら
出品中の商品はこちら

バビルサの牙【通常盤CD】 - 柴田淳
バビルサの牙【通常盤CD】 - 柴田淳バビルサの角 (マーブルコミックス) -
バビルサの角 (マーブルコミックス) -

この記事へのコメント

人気記事