ピロリ菌~変な名前のやばいヤツ~

ピロリ菌.jpg

長年の間、人間の胃には最近がいないと考えられていた。
なんといっても胃の中は酸性なのだから。
ところがどっこい。
1983年に胃の中に棲む最近が発見された。
割かし最近の出来事だろうか、細菌だけに(笑)

それはともかく。
名前を「ヘリコバクター・ピロリ」
いわゆる「ピロリ菌」である。
なかなかかわいいらしい名前だし「ピロリ菌のうた」なるものまであるくらいだからプリティな生き物だとか思ってはいけない。
その実態はかなり悪質なやつである。

なぜだか胃の中に好んで住み着いているピロリ菌。
好んでいるかは分からないが(笑)
胃腸炎や胃潰瘍などはたまた胃がんの原因にもなると言われるなかなかシャレにならないやつである。
日本人の約半数は保菌していると言われ、ピロリ菌がいると胃がんになるリスクが20倍に跳ね上がると言われる。

ピロリ菌は胃の中で胃酸から身を守るために、アンモニアの膜で覆っている。
胃の中の尿素を利用しているらしい。
当然アンモニア臭がするわけだから、ピロリ菌が口臭の原因になることもあるのだ。
口がなんだかおしっこ臭いそこのお前、ピロリ菌が繁殖しているかもしれないぞ(笑)

そんなピロリ菌。
薬で除菌することができるそうだ。
中には耐性をもっているやつもいるそうなので、その際は複数の薬を組み合わせて使うらしい。
またピロリ菌に効くヨーグルトなんかもある。
ブルガリアなんちゃらだろうか・・・それな分からない。
ちなみにお腹にいい飲み物の代名詞ヤ○ルトはピロリ菌に効かない可能性が高い。
生きて腸に届く・・・何かが・・・ではダメらしい。

ピロリ菌のすごいところに鞭毛モーターがある。
ピロリ菌は鞭毛を振り回して動き回る。
ミドリムシについているあの鞭毛である。
この鞭毛の動力源が鞭毛モーターだ。
たんぱく質を分解して動力源にするモーターがついている。
比喩とかじゃなくてモーターそのものである。
仕組みはよく分からないので気になる者は調べてみるがよい。

この鞭毛モーターの仕組みを応用できればきっとすごい何かができるに違いない。
ピロリ菌が世界を救う!?日も近いかもしれない。

関連サイト:キュピロニウスのアトリエ
      ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
→オークションはこちら
出品中の商品はこちら

スタンプバナー.jpg

よくわかるピロリ菌と胃がんのはなし -
よくわかるピロリ菌と胃がんのはなし - 胃の病気とピロリ菌―胃がんを防ぐために (中公新書) -
胃の病気とピロリ菌―胃がんを防ぐために (中公新書) -

この記事へのコメント

人気記事