【世界一でかい馬がいる】南大阪最大級・ワールド牧場に行ってみた。

新魔王ミニアイコン.pngワールド牧場に行ってみた。


20161102200304918.jpg


大阪府河南町にある「ワールド牧場」

動物と触れあえることが売りのテーマパークである。かつては入場無料券があちこちで配られていたかなりB級感漂う施設であったが、リニューアルしたようなので行ってみた。

入場料も大人1,500円と高くなっていたが。


山の頂上にあり、事実上車以外のアクセスは不可能。駐車場無料なのがありがたい。コテージなどで泊まることもでき、回転寿司まであり、いまいち方向性が分からない(笑)

客層のほとんどは家族連れで小さな子供の姿が目立つ。動物の種類はなんと140種類!

これは期待できる。

20161102200335803.jpg


ふれあい広場ではミニチュアホース、ヤギ、ヒツジなどと触れ合える。時期によっている動物は違うらしい。

20161102200415291.jpg


園内にエサが売っていて、それ目当てに動物が寄ってくる。
しばらくしてこちらが何も持っていないと分かるとすたすたとどっかに言ってしまう。なんて現金なやつらだ(笑)

20161102200442633.jpg


ミニチュアホース。おそらく世界最小クラス。

20161102200502058.jpg


一方で世界最大級の馬『ペルシュロン』もいる。こちらは触れ合えない。命の保証ができないからな(笑)

大人の背丈を軽く超える体高。体重はなんと1トンを超える。蹴られたらバカになるだけではすまないぞ。

20161102200622874.jpg


こちらは「たまごの家」。オシャレな養鶏場といった感じか。ニワトリたちがせっせと卵を産んでいる、産みたての卵を自分たちで取って買うことができる。目の前で産んだ卵を持っていかれるニワトリたちはどう思っているのだろうな。

20161102200722117.jpg


小動物ふれあい館。うさぎやハムスターなどの小動物がいる。ただ入るのに500円いるので注意。

20161102200743035.jpg


かわいいミニブタの子供たち。しかも売っているのだが、誰か買う者はいるのか?

20161102200655723.jpg


山のてっぺん。なんだかシュールな光景である。


いかがであろうか。
ふれあい広場はかなりの広さで動物の数も多く、これほどの広場を有する施設はそうそうだろう。一番のおすすめポイントだ。

一方、他の動物に触れ合ったり、散歩させたりとするのには500円なり1,000円なりのお金が必用。入場料と合わせればかなりの負担と言わざるをえない。せっかく珍しい動物と触れ合える機会なのにこれは残念。正直、コスパはあまりよくないので「また来たい!」という気持ちにならないかもしれない。

2017年春に「イルカ&クジラプール」が完成予定なので、そちらができればもう少し魅力は高くなるであろうか。

ちなみに山の上なので少し寒い。あと電波はよくないぞ(園内のレストランで店員がぼやいていた)


こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

この記事へのコメント

人気記事