チンチラ 意外と武闘派な齧歯類

人気急上昇中!触り心地NO.1ペット


チンチラのイラスト

新進気鋭の人気ペットとしてデグーと人気を二分する(もしくは混同されている)『チンチラ』。先に言っておくがネコの方ではない。

アンデス山脈に生息するネズミとリスの中間的な見た目の生物で、遠目にはネザーランドドワーフに見えなくもない。つまりかわいいのだ。その見た目のかわいさから近年注目が集まり、ペットショップでもよく見かけるようになった。

ちなみに関西には「頭の中がちんちらぽっぽ」というギャグがある。特に意味はないしチンチラとも関係はない。


美しい毛並み


見た目はずんぐりしていてコロコロしていてとてもキュート。

実際はスリムで身がなく毛皮のモフモフが大部分を占めている。毛並みは美しく触り心地はフワフワで最高としか言い表せないくらい。硬い毛と柔らかい毛が絶妙なバランスで生えているからだ。ただ一度濡れてしまうと自然乾燥は不可能レベルなくらいフワフワなので決して濡らさないように注意していただきたい。

今では毛皮目的に乱獲され野生個体は絶滅寸前だ。インカ帝国が滅亡して生息地に西洋人がやってきたせいだ。こんなところにインカ帝国滅亡の余波が押し寄せていたとは・・・


今ペットショップにいる個体はすべて養殖されたもの。決して野生の個体を乱獲するのはかわいそうとかそんなことではなく、毛皮を安定供給できるようにしたのがはじまり。ある意味、インカ帝国の生き残りとも言えるかも。

人間とは何とも罪深い動物である(チンチラの毛よりも深い)。


意外に武闘派


性格は意外に攻撃的。チンチラならぬチンピラである。チンチラ同士でケンカをすると 命を懸けた戦いへと発展することもしばしばだ。

また威嚇の際に「これでもくらえ!」と言わんばかりに米ぬか臭い何かを出したり、おしっこのような何かを飛ばしたり、とにかくよく分からない何かで攻撃してくる武闘派である。

身体能力も非常に高く、走るスピードは人間が追い付けないほどでジャンプすると1m以上も飛ぶことができるスプリンターでもある。ボルトとブブカを足して二で割ったようなやつだ。

チンチラと戦うと高速ハイジャンプおしっこ飛ばしのえじきになるので決して争わないように。勝ち目はないからな。

恐怖の致死遺伝子


チンチラは病気に強く滅多に体調を崩すことがない強者である。

だが一つ気を付けなければならないのが「致死遺伝子」という、効果が発動するとその個体を死に至らしめる恐怖の遺伝子だ。チンチラの遺伝子の組み合わせ次第では子供が正常に成長することなく死産してしまうことがある。

遺伝子の型は毛並みによってある程度分けられるようだが、 組み合わせ次第では絶対に交配してはいけない。

素人が気軽にチンチラをカップリングさせるのは危険なのでそういう意味でも複数飼いは危険。まだまだ生態に謎の多いチンチラだが、これから注目のペットであることは間違いない。


調査結果
□体長:20cm
□生息地:アンデス山脈
□最近ペットとして人気。ネコではない。
□命がけでケンカしたりぬか臭い何かとか出したり武闘派
□致死遺伝子があり、素人が交配するのは危険

称号「珍致死」
死に至る珍生物。でもペットにオススメだぞ。


チンチラ完全飼育: 飼育管理の基本からコミュニケーションの工夫まで -
チンチラ完全飼育: 飼育管理の基本からコミュニケーションの工夫まで -

こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事