ノコギリガザミ~みそ汁の具は世界最強~

新魔王ミニアイコン.png世界一の握力のカニ、それはノコギリガザミ


ノコギリガザミ.png

握力世界最強のみそ汁の具


世界最強の握力と噂されるカニがいる。

『ノコギリガザミ』という凶器みたいな名前のカニだ。甲羅の縁にあるトゲが鋸の歯のようであることが名前の由来。日本には三種類いるがどれも似たようなカニなので総称的な扱いにされている。

巨大なハサミが特徴的で左右で大きさが違う。小さいほうのハサミで器用にエサである貝類を掴み大きいほうのハサミで殻や貝をバリバリ砕いてしまう。ハサミというよりは万力に近いかもしれない。

日本では主に食用にされ、みそ汁の具にされたりする。カニなのでいい出汁が出るのだろう。食べる際には甲羅の突起に刺さらないように注意するのだぞ。

握力最強説


ノコギリガザミの巨大なハサミ。
見た目だけでもかなり強そうだが、ネット上では握力最強説が流れている。

その握力なんと1トン(!)

本当だろうか。そもそも一体どうやって測るのだろうか。

調べていると沖縄県立八重山商工高校生物部がノコギリガザミ専用の握力計を作成したそうだ。そんなもん高校生が作れるというのか。恐るべし沖縄ハイスクールスチューデント。

それらが評価され「高校生による生物科学展」で優秀賞も受賞したそうだが、肝心のノコギリガザミの握力はいくらなのかさっぱり分からない。高校生の研究に頼らず自分で測るのが一番だろうな。

ライバルがいる


正確な握力は分からないが同等の力を持っているライバルがいる。

陸生甲殻類最大種『ヤシガニ』

硬いヤシの実を切り裂くその威力はほぼ同等下手したらノコギリガザミより強いかもしれない。そもそも大きさがまるで違うわけだから公平な勝負とは言えないだろう。

さらに反則気味なのが『タスマニアオオガニ』で、ノコギリガザミの倍以上の大きさだがノコギリガザミのハサミをいともたやすく握り潰したとの話がある。これは完全にタスマニアオオガニに軍配が上がる。

しかしだ。

ヤシガニにしろタスマニアオオガニにしろ強力なハサミを持っていても、結局は地元民にとっては食用のカニである。そんなことよりも美味しいかどうかが人間にとっては重要なのだ(笑)


調査結果

□大きさ:甲幅20cm
□生息地:熱帯・亜熱帯
□ノコギリの歯のような突起が特徴
□日本には三種類いる(みそ汁にされる)
□握力が1トンある(かもしれない)

称号「ノコギリみそ汁」
カニのみそ汁なんて最高だよな。



【ソフトシェルクラブ:1kg Mサイズ】マングローブで育った天然の蟹!高級食材!脱皮したての蟹!SoftShellCrab! -
【ソフトシェルクラブ:1kg Mサイズ】マングローブで育った天然の蟹!高級食材!脱皮したての蟹!SoftShellCrab! -

こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事