ブロブフィッシュ~英国が認めた世界一醜い動物~

新魔王ミニアイコン.png世界一醜い動物、それはブロブフィッシュ


ブロブフィッシュ

世界一醜い動物


世の中にはびっくりするくらい醜い動物がいる。

その中で晴れて世界一醜い動物と認定されたのが「ブロブフィッシュ(ニュウドウカジカ)」という魚。

一体そんなこと誰が決めたんだ?と調べたら、英国の「醜い動物保存協会」という一体何のために何をしているのか全く存在意義が分からない団体である。

どう考えてもディスっているようにしか思えないが。


オーストラリアの深海600~1200mに棲む深海魚。浮袋がない代わりにゼラチン質のぶよぶよボディでその辺を漂っている。エサが少ない深海でエネルギー節約効果も兼ねている。ただぶよぶよとフラフラしているだけではないのだ。

そのぶよぶよボディが災いして世界一醜いと評されるおじさん顔になってしまった。某ゲーム会社のキャラ「どせいさん」に似ているという声もちらほら。モデルかどうかはなんともだが任〇堂の公認を得ればそのうちマ〇オシリーズにでも出てくるかもな。

彼らの名誉のために言っておくが、おじさん顔になるのは水揚げされるせいであって普段はあんな顔ではない。単に地上の重力に負けているだけなのだ。じゃあ普段はどういったお顔なのかというとナマズのようなイケメン・・・とは言い難いが、それなりにお魚の顔をしているのだ。


食べると美味しいが絶滅の危機


見た目に反してブロブフィッシュ。食べると美味しいそうだ。

エサであるカニやエビの影響だろうか。甲殻類のような甘みがしてなかなか美味しいらしい。少なくとも地元の漁師には好評のようだ。もちろんゼラチン質だからカニのような食感は期待できないぞ。

おじさんのみたいな顔の魚が漁師のおじさんに食べられているなんてなんだか共食いみたいだな。いや、漁師がみなおじさんとは限らないし。


漁師のおじさんが食べ過ぎたせいかブロブフィッシュは絶滅の危機に瀕している。どうやらトロール網(底引き漁)によくかかってしまうらしく、そのついでに漁師のおじさんが美味しくいただいている(?)ことにより数が激減しているのだ。


漁師のおじさんにおじさん顔の魚を保護する気持ちがあるかは分からないが、「醜い動物保存協会」の狙いはそこにあるのかもしれないな。


※ちなみに最近新種が発見されたようだ。深海はおじさんだらけかもしれない。

調査結果

□大きさ:30~60cm
□生息地:オーストラリア
□世界一醜い動物
□おじさん顔。深海では普通の魚。
□食べると美味しいらしい。でも絶滅の危機。

称号「深海おじさん」
深海にはおじさんがいる。でも深海ではおじさん顔ではないとはこれいかに?



(クラブティー) ClubT 世界で最も醜い生物 ブロブフィッシュ Tシャツ Pure Color Print(シーブルー) M シーブルー -
(クラブティー) ClubT 世界で最も醜い生物 ブロブフィッシュ Tシャツ Pure Color Print(シーブルー) M シーブルー -

こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事