チーター 速すぎて弱すぎる地上最速のハンター

魔王のアトリエ時速120キロのハンター、それはチーター

チーター.png


「地上最速の動物」と呼ばれる動物。

それはネコ科のチーターである。そんなことは誰でも知っていると思うが、実は速さの代償としてとんでもないものを失っていたのだ!?

それは一体なんなのか。調査してみようではないか

地上最速!?時速120キロ

チーターは主にアフリカに生息する。他のネコ科の動物に比べて頭部が小さく体が細い。爪は引っ込めることができずスパイクの役割を果たしている。最大の特徴は足の速さ。最高時速がなんと120キロ!と言われる。実際は100キロくらいであろうか。

この足の速さを武器に獲物を狩る。狩りの成功率は40~50%だが研究によってはもっと低い。こんなに速いならもっと成功しそうなものだが、アフリカの大型ネコ科動物では高いほうだ。

チーターの狩りのタイムリミットは20秒ほどで距離にして500mくらい。典型的なスプリンターで持久力はない。意外にも狩りの際、チーターは本気を出していない。速くても90キロくらいでしか走らないそうだ。それでも十分速いが、実は最高速度よりもすごいのが加速力と減速力。

なんと人類最速ウサイン・ボルトの4倍の力で加速。その最大加速度秒速3m。そして減速力もすさまじく秒速4mで減速。獲物がどのような逃げ方をしても決して逃がさず追いつめるのだ。

と言ったものの先ほど言ったように狩りの成功確率は多くても50%。相手も死ぬ気で逃げるわけだからなかなか捕まらんよな。


速いけど力は弱い

とにかく足が速いチーターだが弱点もある。

それはあまりにもスピードに特化しすぎたゆえのパワー不足。小さな頭部にしなやかな細い体は人間から見れば羨ましい限りだが、ライオンが200キロ近いのに対してチーターは重くても70キロほど。人間の成人男性くらいしかないのだ。

あまり大型の獲物を狙うとアゴの力が弱く仕留めきれずに反撃され、思わぬダメージを受ける危険性がある。インパラ・ガゼルなどを狙うことが多いが無事仕留めても安心はできない。横取りをしようとハイエナやリカオンなどが狙っているのだ。追い払うにも戦闘能力が低いチーターは諦めてしまうこともしばしば。別のとこまで獲物を運ぶにしてもアゴの力が弱すぎるのだ。

ちなみにリカオンは集団戦法が得意で狩りの成功率はなんと80%と驚異の数値を誇る。その分、仲間で取り分を分け合うので世知辛いとこもあるようだ。チーターもリカオンも絶滅の危機に晒されているが生き残るのは・・・ハイエナだろうか。


調査結果
□生息地:アフリカ
□大きさ:110~150cm
□地上最速の動物
□とにかくスピードに特化
□パワーはあまりない。獲物を横取りされることもしばしば

称号「地上最速のハンター」
最速であって最強ではないことは言っておく。
チーターの擬人化
「逃がさないよ~」


動物家族 チーターの親子 [DVD] -
動物家族 チーターの親子 [DVD] -
こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事