ヒアリ 天敵はゾンビ!?燃える(ような)猛毒殺人アリ

新魔王ミニアイコン.png燃えるような猛毒‼日本に迫るヒアリがヤバい




ヒアリのイラスト

日本に上陸!?ファイアーアント

2017年6月13日。

環境省は恐るべき発表をした。尼崎市で中国の貨物船から運ばれたコンテナから猛毒のアリ「ヒアリ(火蟻)」が見つかったという。すぐさま消毒して死滅し大事には至らなかったが、今後日本に侵入、繁殖する可能性は否定できない。

海外では「Fire ant」とも呼ばれるヒアリとは一体どんなアリなのか?

調査してみようではないか。


スズメバチ並みの猛毒

ヒアリは南米原産で体長2.5ミリ~6ミリ程度。赤褐色で腹部が黒いのが特徴。これだけなら取るに足らないただのアリだが、非常に攻撃性が強くコロニー(巣)を攻撃されると集団で襲い掛かってくる凶暴な性格である。お尻には猛毒の針があり、これに刺されると火を押し当てられたような激しい痛みに襲われ、ひどい場合は呼吸困難や意識障害、最悪アナフィラキシーショックで死亡することさえある。毒性はスズメバチと同程度と言われ殺人アリとも呼ばれる。

現在では世界中で猛威を振るっており、アメリカではヒアリの被害が年間8万人以上に上り、うち100人以上の方がアレルギー反応によって亡くなっている。世界中の被害を合わせるととんでもない数になるかもしれない。

日本では特定外来生物に指定され危険視されているが、今のところ定着、繁殖している様子はないが安心はできない。ヒアリがコロニーを1ヘクタールの範囲に作ると女王が9万匹もいる計算となり、女王一匹あたり1日に約100個の卵を産むので、ヒアリは毎日900万匹も増えている計算になる。とんでもない繁殖力だ。

日本がヒアリで埋め尽くされる・・・そんな恐ろしい日がやってくるかもしれない。


天敵はゾンビ!?

各国で無双状態のヒアリだが天敵も存在する。

まずはアリクイ。名前の通りアリを食べる動物だがアリクイの皮膚は分厚くヒアリの毒針を通さない。さすがアリクイというだけあってアリを食べるのに特化している。まさに食い物にしているとはこのことだ。

そしてもうひとつはゾンビバエ。かなりヤバそうなハエだがこいつはかなりヤバイ。ヒアリの上を飛び回り着地したかと思うと、腹部にある針をブスッと刺して卵を産み付ける。ヒアリの体内で孵化した幼虫はやがて頭に到達して脳みそを食べてしまう(!)

ここでヒアリは死んでしまうがそのままヒアリは動き続ける。ゾンビバエに体を完全に乗っ取られてしまうまさにゾンビ状態になってしまう。さらに恐ろしいことにヒアリが用済みになると特殊な酵素を含む液体で頭部と胸部を繋ぐ部分を溶かしてしまい、頭がそのままポロリと落ちる。

そこらのB級ゾンビ映画よりもよっぽど怖いではないか。

しかもどういうわけか他のアリには脅威がないようでヒアリしか狙わない。よほどヒアリの体内の居心地がいいのだろうか。この性質を利用して本場南米よりもヒアリが多いアメリカでは「ゾンビバエを導入してヒアリを駆除しよう」という議論まで。ヒアリがいなくなればゾンビバエもいなくなるから大丈夫という考えらしいが、それこぞB級ゾンビ映画の幕開けにしか思えんではないか。

全米がゾンビで溢れ返る・・・そんなことにはならないことを祈る。

※他にも「SINV-1」というウイルスがいてヒアリのコロニーを3ヶ月で壊滅させるそうだ。約2割のヒアリが感染しているようだがこうなるとヒアリの方が気の毒に思えて仕方ないな。


調査結果
□体長:2.5~6㎜
□原産地:南米
□刺されると焼けるような熱さと痛みに襲われる
□繁殖力が強く世界中で繁殖中
□天敵には体を乗っ取られる

称号「ファイアーゾンビ」
全てのヒアリが乗っ取られているわけではないぞ。

ヒアリの擬人化
「燃やしちゃうよ?」ヒアリの生物学―行動生態と分子基盤 -
ヒアリの生物学―行動生態と分子基盤 -


こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事