ヤマカガシ 陰キャなのに日本最強の毒ヘビ

死亡例もある!?陰キャなのに最強


ヤマカガシのイラスト


日本にも毒ヘビはいる。

有名なのはマムシとハブだが、じつはこれらよりも強力な日本最強の毒ヘビがいる。それがヤマカガシだ。・・・ヤマカガシだと???

一般的には無害なヘビと思われがちであるが、小学生が捕まえて遊んでいたら噛まれて一時意識不明になったなどと報じられ、過去には死亡例もあるほど強力な毒ヘビ。誰も日本最強の毒ヘビだとは思わないであろう。

一体、ヤマカガシとはどんなヘビなのか調査してみようではないか。


山のヘビだけど水辺が好き、そしてヒキガエルも好き


アオダイショウ、シマヘビと並びポピュラーなヘビ。体長は大体1m前後で、日本のヘビでは中くらいのサイズ。どちらかというと陰キャ寄りだが、日本のヘビでは割とカラフルなほう。

「カガシ」とはヘビという意味で、そのまま山の蛇が名前の由来。由来は山でも実際は田んぼや沼などの水辺にいることが多い。

山の日に海に行くようなもんだろうか?(違う)。もしくは丘サーファーかもしれない。


丘サーファーとは違って泳ぐのは得意。鱗の表面のキール(隆起)が強くてザラザラしている。サメ肌ならぬヘビ肌だが、おそらく水の抵抗を減らす効果あると思われ水辺仕様になっている。

好物はカエルで他のヘビは食べたがらないヒキガエルを食べる。蛇のエサの代名詞ネズミなんぞ見向きもしない変わり者である。ヒキガエルには毒があるのだが、ヤマカガシは気にならないらしい。耐性があるのだろうか。


実は毒ヘビでした


あまり知られていないが実はヤマカガシ。毒ヘビである。

しかも日本有数の毒ヘビ・マムシやハブよりも毒が強い。マムシの3倍、ハブの10倍も毒性が強く、日本最強の毒ヘビなのだ。

噛まれると血が止まらなくなる出血毒で頭痛などの症状が現れ、重症化すると脳出血などを起こし死亡する。数日、数週間後、あるいは数カ月後に死亡例があるくらいで油断はできないが、そもそも毒があるとあまり知られていないせいで対処が遅れるのだろう。


驚くのはまだ早い。ヤマカガシは首にも毒があるのだ(!)

首にある頸腺(けいせん)からも毒を噴射するが、なんとこの毒(ブフォトキシン)はヒキガエルの食べて体内に溜めた毒である。このためにヒキガエルを食べているのか単に溜まってくるから出しているのか。それは分からないが、ヒキガエルのいない地域のヤマカガシはこの毒を持たない。


こんなにも毒々しい日本最強の毒ヘビ・ヤマカガシであるが、シマヘビやアオダイショウなどの大型のヘビには食べられてしまう。やはり陰キャかもしれない。


陰キャ過ぎて毒ヘビと気づかれず!?


ヤマカガシが毒ヘビとして知られるようになったのは1972年に起きた事件がきっかけ。

中学生がヤマカガシに咬まれ、なんと翌年に死亡したことのである。それまで誰もがヤマカガシが毒ヘビだなんて思ってもいなかった。

なぜヤマカガシが毒ヘビだと誰も気づかなかったのか?


まずヤマカガシはおとなしい性格のヘビである。たまにアグレッシブで凶暴なヤツもいるが、基本的に気のいいヤツだからこちらがちょっかいを出さない限り襲ってくることはないだろう。

それでもこちらが逃げないとなるとヤマカガシも黙ってはいない。鎌首をもたげ首のあたりを広げて「シューッ」とコブラのように威嚇してくる。

コブラはこちらを向いて威嚇してくるが、ヤマカガシはこちらに背を向けて威嚇してくる。そんな威嚇をするヤツなんて聞いたことがないが、ちゃんと訳があって首にある頸腺(毒)をアピールしているのだ。


「ちょっかい出したら毒飛ばすぞ、われコラ!」という感じだろうか。関西弁かどうかは地域差があるだろう(たぶん)

そのまま一通り威嚇したらヤマカガシの方から逃げていくが、要するに攻撃のためでなく逃げるための威嚇なのである。なんとも臆病なヘビであろうか。かなりの陰キャである。


それでもそれでも!

ちょっかいを出してしまう者はいるであろう。そうなるとさすがのヤマカガシも噛みついてくる。ガブリと咬まれれば日本最強の毒を注入されてそのままお陀仏・・・とはならない。

ヤマカガシの毒は奥の方の牙から出てくるので少し咬まれたくらいでは毒が注入されることはない。よほど噛まれ続けない限りは大丈夫だ。というか日本最強の毒ヘビなのにセーフティーかかりすぎじゃないか???


つまり毒自体は超強力だが、注入されてしまうことは極稀というかほぼほぼないと言っていい。危険度でいえばハブやマムシのほうが断然上。ヤマカガシの死亡例は40年で4件程度しかない。マムシやハブも現在では死亡例はほぼないが。

いずれにしろ、むやみやたらにヘビを怒らすものじゃないな。毒があろうとなかろうとヘビに触るのはやめておこうではないか。


調査結果
□体長:全長60~120㎝
□生息地:日本固有種
□山のヘビという意味だが水辺が好き
□実は毒ヘビで日本最強
□でも性格はおとなしい

称号「ヒキガエル殺し」
ヒキガエル意外にはあまり強く出れない。いや、そんなことはないぞ、多分。

ヤマカガシの擬人化
「咬みませんよ~」


やまかがし -
やまかがし -


こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

人気記事