ニホンカワウソ 対馬では生き残っている!?昭和の絶滅種

ビデオに映った絶滅種


ニホンカワウソのイラスト


かつて日本全国に生息していたニホンカワウソ

1979年(昭和54年)の目撃例を最後に姿を消し、2012年に絶滅種に指定された。ところが最近になってその姿がビデオに撮影され大変話題となった。

それは本当にニホンカワウソだったのか。調査してみようではないか。


体長70㎝ほどで見た目はユーラシアカワウソにそっくり。固有種なのか亜種関係なのか議論が分かれるが今となっては定かではない。近年ではやや固有種説が有力のようだ。

日本全国に生息していたので日本人の取って非常に馴染みが深い生物で、河童のモデルになったとも言われる。今となっては河童よりも珍しくなったのはなんとも皮肉な話である。


ところが明治以降、毛皮目的の乱獲によって数が激減。さらに工業化などで生息環境が破壊され、一部の漁業被害による駆除などで更に数を減らす。駆除するだなんてカワウソう・・・いや、かわいそうな話ではないか。
本州では1954年の和歌山県の個体群を最後に消滅。驚くべきことに特に保護などはされなかったという。戦後間もない時期と言うこともあり、保護に対する意識が低かったのかもしれない。


1974年には自然保護シリーズとしてニホンカワウソの切手が発行された。ようやく保護に対する意識が高まってきたのであろうが、この頃には数は激減していたと思われる。

その後、愛媛と高知で細々と生き残っていたが、密猟が横行したこともあり1979年を最後に姿を消した。皮肉なことに最後の個体群も密猟されていたものが明らかになったものであった。

それ以来、ニホンカワウソを生きた姿で見た者はいない。


対馬で再発見!?


1979年以降確かな目撃情報はないが、ちょくちょく生存を匂わせる目撃談は後を絶たない。

2012年に絶滅宣言された後も「今でも生き残っているのでは?」と探し続けている人は今でもいるようで、愛媛県では県獣に指定されている。少なくとも愛媛県民は諦めていないぞ。


そしてついに2017年2月。長崎県対馬にてカワウソが撮影されたのである。問題はこれが何のカワウソなのかだ。そっくりさんのユーラシアカワウソが韓国から流れついた可能性もあるが、もちろんニホンカワウソの生き残りである可能性も否定できない。

少なくとも対馬にカワウソがいることは揺るぎない事実である。

今後、更なる調査が行われると思われるが、万が一再発見となれば記念切手が発行される・・・かもしれない。


調査結果
□大きさ:70㎝
□生息地:かつては日本全国
□かつてはにほん全国に生息
□乱獲、環境破壊により絶滅
□もしかしたら生き残っているかも?

称号「ツシマカワウソ」
対馬で生き残っていたらそうなるよな。

ニホンカワウソの擬人化



ニホンカワウソはつくづく運がわるかった?! -
ニホンカワウソはつくづく運がわるかった?! -

ニホンカワウソの記録: 最後の生息地 四国西南より -
ニホンカワウソの記録: 最後の生息地 四国西南より -


こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

人気記事