カミツキガメ 最大1m!指を食いちぎる巨大カメ

ワニガメのライバル


カミツキガメのイラスト

遥かアメリカの地からやってきたヤバいカメが日本で大繁殖を遂げているらしい。

その名はカミツキガメ。名前からしてもうヤバい。


日本の侵略的外来種ワースト100にもランクインしている超危険生物。ワニガメとよく間違えられるが全然違うカメである。いや、全然違うわけではないけども。いわばライバルみたいなものだ。

ワニガメはガメラのモデルとなっただけあってかなりトゲトゲしていて派手な感じ。カミツキガメは少し地味というか陰キャ寄り。野村克也的な感じだろう。

だが実はヤバいのはカミツキガメ
のほうなのだ。コイツはかなりヤバいカメだぞ・・・


千葉県はカミツキガメの聖地(と化している)


アメリカ原産。甲羅の長さが50cm近くにもなる大型のカメ。首と尻尾が長くそれらを合わせると1mくらいになる。もはやカメというよりヘビみたいではないか。

日本にはペットとして輸入され人気となったが飼い切れずに逃がす者が続出。

外来生物あるあるだな。

そのまま楽しく余生を過ごすのならまだいいのだが、持ち前の環境適応力の高さと気温の変化への強さを活かして日本で大繁殖を遂げる。寿命は50年ほどと言われるが最大で80年くらい生きるともいわれかなりの生命力の高さである。


特に千葉県の印旛沼周辺はカミツキガメの聖地と化していて年間数百匹も駆除されるものの根絶にはいたっていないのが現状。印旛沼あたりはバス釣りの人気スポットでもあるが、皮肉なことにブラックバスも外来生物である。

千葉県の生態系は一体どうなってるのだろうか。


おまけに天敵らしい天敵もいないので繁殖に歯止めがかからず生態系への影響は計り知れない。その責任を取れるのはもはや人間だけであろうな。


ワニガメよりもヤバい


カミツキガメとワニガメ。似て非なるカメであるがどちらもかなりヤバい。

冒頭でも言ったが、どちらの方がヤバいのかというと断然カミツキガメのほうがヤバいのである。

なんだと・・・ガメラっぽい見た目と80㎝にもなる甲羅の大きさ、そして最大400kgというおそろしいほどの噛む力を併せ持つワニガメより陰キャ寄りのカミツキガメのほうがヤバいというのか。


カミツキガメのヤバさの秘訣は素早さと首の長さ。デカいくせに俊敏な上に首が長いのでリーチが長い。少しでも目測を誤れば指とオサラバすることに。

さらに見た目とは裏腹に臆病なワニガメに対してカミツキガメはかなり凶暴。相手構わず噛みつきまくるので危険なことこの上ない。まあ、名前がカミツキなんだから仕方ないだろう。


もっとも水中にいることがほとんどで危険が迫った時は自ら逃げていく。危ないのは不慣れな地上にいる時だ。身の危険を感じるのか死に物狂いで食らいついてくるので絶対に近づいてはいけない。

噛む力もワニガメに比べれば甘噛みみたいなもので指が千切れることはない・・・はずである。こればかりは噛まれてみないと分からないが重傷を負うことは間違いない。

ちなみにワニガメなら確実に指は諦めることになるからな。いずれにしろ、どちらもヤバいカメには違いないのである。


調査結果
□大きさ:50㎝(甲羅)
□原産地:アメリカ
□ワニガメのライバル(たぶん)
□千葉県で大繁殖
□首が長くリーチも長いので不意打ちに注意


カミツキガメ2.png
「ワニガメには負けない!」


カミツキガメはわるいやつ? (ふしぎびっくり写真えほん) -
カミツキガメはわるいやつ? (ふしぎびっくり写真えほん) -


こちらも見るがよい。
キュピロニウスのアトリエ
ムンムンのアトリエ

よかったら何か買っていくがよい。
出品中の商品はこちら スタンプバナー.jpg

↓押してもいいんだぞ。

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

人気記事