トナカイがサンタの使いなのは○○だから???

サンタの乗り物はなぜトナカイ? クリスマスといえば、サンタクロースである。白いひげの赤い服の老人。赤い服は某大手飲料メーカーの陰謀でそうなったらしいがそれはさておき。 サンタと言えば、トナカイを使役してプレゼントを配り歩いている人である。 いわばムツゴロウさんの先駆的な存在と言えよう(ムツゴロウさんは夢を与えた・・・と思っておこう) ではなぜトナカイなのだろうか。 所説…

続きを読む

うさぎのマフは何のためにある?

肉垂と呼ぶな、マフと呼べ うさぎの喉あたりにある二重あごのようなもの。「肉垂」と呼ばれる部分だがあまりかわいくないので、愛好家の間では「マフ」もしくは「マフマフ」と呼ばれている。語源はマフラーであろう、間違いなく。 愛好家にとっては萌え死にポイントでもあるので決して「肉垂」なんて呼んではいかんぞ。決してな(大事なことなので二度言っておく) このマフはホルモンの影響によるものと言…

続きを読む

【いけふくろう】池袋は昔、ふくろうの聖地だった!?

池袋のマスコット『いけふくろう』とは? 東京・池袋。 ここにフクロウがいるという。その名も『いけふくろう』。完全ただのダジャレである。 池袋駅東口にそれはある。 改札を出たところに案内が出ているので迷うことはないであろう。なんたる親切。 やや大きめのフクロウの像。それがイケフクロウ。渋谷のハチ公像といい、東京の駅は動物の像が好きなのかもしれない。ハチ公同様、待ち合わ…

続きを読む

【招き猫には名前がある】ひこにゃんの本当の名前は○○だった!?

出典:ひこにゃん公式サイト 何を招いているのか? 日本の伝統的な縁起物『招き猫』 元々はネズミを追い払うということから養蚕の縁起物とされていたが、いつの間にか客を呼ぶ商売繁盛の縁起物となった。三毛猫がスタンダートであるが、細菌では黒やピンクや金色と色々である・・・色だけに(笑) 色ごとにご利益は異なるようだが、すでに何も招いていない猫もいるようで名称を変える必要があるかもしれない…

続きを読む

【衝撃】巨大魚の楽園~奇跡の海・カナダのバンクーバー島~

巨大生物だらけの海 カナダにあるバンクーバー島。 バンクーバーオリンピックの開催地で有名なあのバンクーバー付近にある。この島の周辺の海はとあることからこう呼ばれる。 「奇跡の海」 何が奇跡なのか。 それはこの周辺の海の生物があまりにも○○すぎるからである。 「○○すぎる」と言えば、美人過ぎる??? 今までに美人過ぎた試しはないが、そもそも美人過ぎても別に構わないでは…

続きを読む

【騙されるな!】ゴリラは全てB型ではない!?~その真実とは!!~

ゴリラは全てB型ではない 東海リバブルのCMにて 「ゴリラとクジラはみんな血液型はB型って知ってた?」というフレーズがある。 クジラはともかく、ゴリラの方は以前「トリビアの泉」で紹介されたこともあり、割と有名な都市伝説というか雑学だ。 だがしかし。 この話はとんでもない嘘である!! 一体どういうことか。 ゴリラは大きく分けて3種類(亜種を含めるともう少し細か…

続きを読む

【衝撃の新事実】パクチーは◯◯◯の匂いと同じだった!?

『コリアンダー』あるいは『パクチー』 香辛料として使われ、その独特な香りは賛否両論別れるところである。 この香りは色々と評されるが一言で言うならば 臭い!! と言うしかないであろう(笑) なぜこんな臭いものがブームになるのか個人的には全く解せないのだが。 だってこの臭い(もはや香りではない)。 どこかで嗅いだことがあると思わないだろうか。 そうだ。…

続きを読む

世界一視力がいいのは誰だ!?

何かと近眼になりがちな現代人。 アフリカの民族の中には平均視力が3.0以上もあると言われる者がいるから驚きである。 一説によると世界一視力がいい人は8.0以上(!)あると言われ、20m先から7mmの生物のシルエットが見えるという。 しかし動物たちはもっとすごい。 一般的に視力がいい生物といえば猛禽類で、ワシ、タカ、フクロウなど。 なんと人間の8倍の視力を持っていると…

続きを読む

カマキリ(オス)の飛翔能力はなんのためにある?

河南長にある金山古墳へ調査行こうとした時である。 軒先に一匹のカマキリがいた。 こちらに気づくと威嚇を始めた。 これぞまさに「蟷螂の斧」である。 ちょっと違うな(笑) 褐色個体で色が溶け込んでいたため気づくまで少し時間がかかった。 オオカマキリのオスかと思ったが、調べてみるとチョウセンカマキリのオスかもしれない。 いやもしかしたらオオカマキリ・・・こ…

続きを読む

【推定1億匹!】オーストラリアにカニだらけの島がある ~クリスマスレッドクラブ(クモガニもいるよ)~

一億の赤いカニたち オーストラリア・クリスマス島。 この島ではある赤い生物が大量発生することで有名だ。 それはもちろんサンタクロース・・・ではない。 島にも高齢化の波が・・・となるではないか(笑) その正体はカニ。 「クリスマスアカガニ(レッドクラブ)」と呼ばれるカニである。 普段は森林に生息するが、産卵の時期になると海めがけて大移動するのだ。 その数なん…

続きを読む

人気記事