チベットスナギツネ 辛い時に見るがいい。癒しのチベスナ顔とは!?

2017/10/16 20:37
癒しのチベスナ顔を持つキツネ 俗に「チベスナ顔」と呼ばれる顔がある。 なんとも言えないシュールな顔であるがあえて言うならば「オッサン顔」であろうか。これの語源となった生物がチベットスナギツネである。 オッサンみたいなキツネがいるなんてそんなバカな・・・いるのである。 その衝撃のオッサンキツネが有名になったきっかけはカルピスのCMである。まさか青春の代名詞とも言えるカルピスのCMにオッサン顔をぶつけてくるとは一体誰が想像したであろうか。 そのセ..

続きを読む

シロサイ 残り3頭しかいない!?絶滅寸前の最強生物

2017/05/21 22:06
白くないサイ、それはシロサイ サバンナに生息する『シロサイ』 一見あまり白くないがなぜかシロサイと言う。なぜであろうか? 調査してみようではないか。 ゾウより強い!?最大のサイ現生する5種のサイの中で最大種。キタシロサイとミナミシロサイの亜種に分かれている。けものフレンズにも登場したが、キタとミナミどちらであろうか。そういうと大阪みたいに聞こえるけどな。 陸上ではゾウの次に大きい動物で、しばしば「ゾウとサイはどちらが強いのか?」と最強説を論議され..

続きを読む

フェネック 世界一かわいい‼イヌ科最小動物

2017/03/12 21:18
世界一かわいい、それはフェネック 世界一かわいい動物 アメリカのケーブルテレビCNNが「世界一かわいい動物」と認めた『フェネック』 そのかわいさから近年日本でもペットとして人気。 かわいすぎるためかイヌ科最小の動物で体重は2キロにも満たない。チワワよりも小さいのだ。 小さな体に対して大きな耳とふさふさの体毛が特徴で、これは砂漠に棲んでいるから。 耳は15cmほどありイヌ科で最大。なんてアンバランスであろうか。 大きな耳は熱を逃がすのに..

続きを読む

トキ~鳴き声が汚かった日本の象徴~

2017/03/01 20:44
今は無き日本の象徴・トキ >日本の象徴 「ニッポニアニッポン」の学名を持つ『トキ』 かつては日本全国で見られ、数が増えすぎて害鳥扱いされたことも。いかに日本の鳥という感じであるが日本の国鳥ではない。国鳥はキジである。 淡いピンク色の羽毛が特徴的でその色は朱鷺色と呼ばれる。日本人にとってトキが馴染みの存在であった証拠とも言える。 近年の開発などによる環境破壊や食肉、羽毛目的の乱獲等で数が激減。佐渡島にいた数羽が捕獲されるも2003年に最後のトキ「キン」..

続きを読む

スナネコ~砂漠の天使はモフモフのモフモフ~

2017/02/28 20:23
砂漠の天使、それはスナネコ 砂漠の天使 砂漠に生息する小型のネコ『スナネコ』 日本にいるネコよりも小型で野生のネコでは最小種とも。 小さいせいか幼い顔だちがとてもキュート。ネオテニーというわけではないであろうが。かわいすぎて「砂漠の天使」とまで呼ばれる。 耳が大きく尖っている。小さな顔の両端に離れてついていてなんだかアンバランスに見えるが、そこもまたかわいいのだ。耳が大きいと砂が入りやすいからであろうか。耳の内側にまで毛がびっしり生えていてモフモ..

続きを読む

もっと見る

人気記事